冠婚葬祭和食料理のマナー

冠婚葬祭で洋食料理のマナーにふれる機会は多かったりしますが、意外にわからないのは、和食料理のマナーではないでしょうか。
和食料理のマナーについておさらいしておきましょう。
まず、手に持って食べて良いものですが、汁物のお椀や小鉢、醤油が入った小皿などになります。
刺身や焼き魚などが入ったお皿や大きな鉢に入っている場合は、手で持って食べてはいけません。
大きな鉢に入っているものは、小皿に取り出してから食べます。
汁物のお椀のフタの置き方ですが、右側に置かれているお椀のフタは右外へ、左側に置かれている場合は、左外へ置きます。
なお、お椀のフタに傷がつくおそれがあることから、フタを裏返してお椀の上に重ねてはいけません。
箸の使い方でよくないとされているのは、箸で突き刺して取る「刺し箸」、箸で器を引き寄せる「寄せ箸」、どれを食べようかと箸を行ったり来たりさせる「迷い箸」などは、箸を使う上でのタブーとされています。

大切な椅子をずっと使い続けるために

普通のストッキングと比べてみてください
妊婦さん専用に開発されたマタニティレギンスで疲労を軽減します。

魅力的なサイトを制作します

webシステム開発で社内作業を便利に
しませんか?

最新記事

  • 冠婚葬祭で中華料理を食べる際のマナーですが、円卓になっていますから、ターンテーブルを回転させていただ …

    続きはコチラ…

  • 冠婚葬祭では、普段あまり行かないところで食事をすることがよくあります。
    そう言う場所では、食べ …

    続きはコチラ…

  • 冠婚葬祭と料理は深い関係にあります。
    とくに、和食とは切っても切れないほど強くつながっていると …

    続きはコチラ…